ArcheAge Wiki
Advertisement
Aranzeb
アーランゼブ
呼び名 図書館の魔導教師アーランゼブ
深い隠遁者
祭祀の丘の盟約者
偉大な魔法使い
種族 アール族の男性
時代 不明
所属 最初の遠征隊

アーランゼブ (아란제브; Aranzeb) は最初の遠征隊の一人。

アーランゼビアの養父で、妻はニネール。魔法の師はルワン・アレクサンデル[1]

隠遁者の姿で伝統的な魔法をこなすエルフの英雄アーランゼブ。彼は怒りと悲しみに振り回されたりしなかったという。エルフ族特有の性格かも知れないが、アーランゼブはどこかに偏ったりしない完璧な魔法をこなす伝説的な人物である。エルフ族の中でも最も偉大だった魔術師であった彼は、主に伝統に基づいた魔法を扱ったという。エルフたちの英雄であるアーランゼブは、強力な魔法をこなし、偽りの仮面の後ろに隠された真実を見抜く力があるという。 ――十二神と英雄の物語

トリビア[]

彼にちなんで名付けられたものにアーランゼブの夢想アーランゼブの奇跡があるほか、象徴する適正の魔法にはアーランゼブの血統というスキルがある。

脚注[]

Advertisement