ArcheAge Wiki
Advertisement

十二神と英雄の物語は、イブルアによる十二人の神と英雄に関する書物。

彼らの恩寵で我々は生きている。 神の足跡を追うのは私の使命であり、宿命である。自分の命をかけて、英雄として称えられる者を記憶する事も私の使命である。我々は忘れてはならない。神の加護と英雄の犠牲の跡に私たちの明日があるのだと。十二人の神と英雄を称えるため、このコインと本を残す。十二人の神と英雄の話から、この世を広く、広く見渡して欲しい。自分の力がどこから来てるのか、少しでも分かって欲しい。 ――万神殿研究者イブルア

十二人の神と英雄[]

Advertisement